老化による目の影響

レーシックに影響があるの?

老眼の原因

「よくレーシックを行うと老眼になるのが早くなるのでは」というような話を耳にします。実際にはレーシックの有無にかかわらず老眼になります。ここでは老眼について詳しく解説します。

老眼とは

老眼とは正式には老視といい一般的に近くの物が見えづらくなる症状です。人間であれば避けて通ることができない老化現象で、視力障害の1つになります。老眼になるということは、水晶体と呼ばれる眼の中のレンズを支えている筋肉が衰え、近くを見るときの調節がうまくできなくなります。日本人の多くの方が40歳を超えるとなり始め45~50歳で自覚されるようになります。

対処の仕方

老眼の症状を自覚した場合老眼鏡をかけることで矯正することができます。近くのものを見るための眼鏡を使います。よく歳をとると本を読むときだけ眼鏡をかける方がいますよね。普段の生活では必要としないのですが、近くのものが見えづらいので老眼鏡を使用します。

老眼治療

老眼治療として手術をするという選択もあります。レーシックと同じようなイメージですが、老眼治療の場合は角膜の外側にラジオ波をあてる手術です。遠くの視力を維持したまま近くの視力を向上させることができます。また加齢とともに再び低下することもあります。

予防法

老眼は誰にでも訪れるものですが、普段の生活習慣を正すことで予防することができます。バランスの取れた食生活を心がけたり、眼が疲れたときに休めてあげたりすることで老眼の進行を遅らせることができます。眼精疲労は老眼に繋がります。また充分睡眠をとることも心がけてください。

※レーシックとは18歳未満の方、妊娠・授乳中の方、内的疾患をお持ちの方など状況により受けられないこともございます。また、適応検査により不適応となることもございます。詳しくはレーシック治療の専門医にご相談ください。

人気ランキングをチェック

新宿近視クリニック
今最も注目のクリニック。著名人も多く来院しています。新宿に医院あります。保障も嬉しい。
検査予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
SBKレーシック 9.4万円(税込) なし +0円
イントラレーシック 19.8万〜27.8万円(税込) 1〜2年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
10万以上 あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、再手術、合併症治療 学割1万円、託児補助最大1万円、家族割・グループ割など 東京(新宿)
新宿近視クリニック
神戸神奈川アイクリニック
一人ひとりに合わせてカスタムメイドに治療してくれる。トータルケア対象手術なら安心。アイレーシック症例数国内一の実績があります。
検査予約はこちら
費用 施術名 価格 保証期間 日帰り
スタンダードレーシック 15万円(税込) 3年
iFS イントラレーシック 25万円(税込) 3年
アイレーシック 30万〜40万円(税込) 3年〜15年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
46万222症例(2016年8月末日現在) あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 再治療/術後検診・相談/合併症治療 交通費補助で1万円割引 東京(新宿)/大阪(梅田)/福岡
予約はこちら
品川近視クリニック
業界最大手のクリニック。症例数が多く、ドクターも実績がある方が多数在籍しています。
検査予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
スタンダードレーシック 7万円(税抜) 1年
イントラレーシック 8.6万〜14.7万円(税抜) 3〜5年
Zレーシック 20.4万〜29.7万円(税抜) 8〜10年 10,000円割引(片目の場合は半額)
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
120万以上 無料 1万円(手術を受ける場合は無料)
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、1回目の再手術 交通費補助が最大1万円 東京(有楽町)/札幌/名古屋/大阪/福岡
品川近視クリニック